Twitter | Search | |
cdb
キズナアイというキャラはリアル芸能界で言うときゃりーぱみゅぱみゅ先生くらいの立ち位置にいるキャラクターで、そういうのを知らない人がNHK番組のゲストに出てるきゃりぱ先生の襟首ひっつかんで「こんなオタクに媚びたロリコン衣装の地下ドルをNHKに出すな」的なことを言ってしまった状態だと思う。
Reply Retweet Like More
cdb Oct 3
Replying to @C4Dbeginner
いわゆるアイドルファンの現場も、駅で乃木坂のコンサート帰りの若いファンの団体に出くわして見てるともうすっげえ女子率高いわけですよ。男の子もオシャレで、普通にカップルで乃木坂推しに来てる子が山ほどいる。ボブ・ディランの歌うとおり、時代はみるみる変わって行く。
Reply Retweet Like
鐘の音@白瀬咲耶本メロン委託中 Oct 3
Replying to @C4Dbeginner
女子が萌えアニメを消費してるってこと、明らかにいまの「萌アニメ=セクシズム論者系社会学者」とかは認識してないし、だからオタク文化をジェンダー論で語ろうとすると高確率でバグるんだろうと思いますね。
Reply Retweet Like
cdb Oct 3
Replying to @kanenooto7248
昔のグリコのおまけみたいに文化を「男の子向け」と「女の子向け」に分けられるはずがないんだけど、ムリヤリ分けないと社会運動の告発エネルギーが生まれないので突然何かを悪者にして、それを愛する若い世代の巨大なファン層を丸ごと敵に回している。『空色…』もそうでしたが正直目も当てられない。
Reply Retweet Like
cdb Oct 3
Replying to @C4Dbeginner
僕の地元に大きな本屋に中学生くらいの男女グループが来ると、それこそツイッターで議論になった表紙のラノベも男女で楽しそうに「これ読んだ~」って回してるし「これはBL?」とか男の子も何の抵抗もなく読む。もう20世紀末日本の男女が完全に分断された文化のトラウマで彼らを測るべきじゃないと思う
Reply Retweet Like
cdb Oct 3
Replying to @C4Dbeginner
彼らの世代はたぶん、ミソジニーとミサンドリーの百年戦争みたいな不毛な怨恨とは関係なく新しい時代を生きていく。何も学ぶことなく骨まで憎み合いながら自滅していくのは旧世代だけでたくさんなんで、野狐禅みたいな怪しい社会理論で彼らの足をひっぱるべきではないと思う。
Reply Retweet Like
cdb Oct 3
Replying to @C4Dbeginner
たとえば「女子大にトランスジェンダーを入学させる」というのもそうしたリベラルの流れにあるものだと思います。しかしご存知のように、ネットで多くの人がこれに反対し「弱者である女性を守るのがフェミニズムだ」と主張した。明らかな誤用、暴走が始まっているわけです。
Reply Retweet Like
cdb Oct 3
Replying to @C4Dbeginner
僕も今の十代の中に何も問題がないとか、フェミニズムはもはや不要だという話をしているのではないです。かつて「フェミニズムではない」と蔑まれ排除されてきたものがその評価を変えることが文化史にはよくあり、今の若い世代の文化や感性の中のそうした芽を摘むべきではない
Reply Retweet Like
cdb Oct 3
Replying to @C4Dbeginner
若い世代を理想化して書きすぎた面はあると思いますし、今の十代にも様々な理由で深く社会に傷つくことはあると思います。しかし「キズナアイは女性の性的搾取」というような粗雑な理論をネットの頭数だけでNHKにねじこむ「運動」が今の若い世代に支持されるとは僕には思えない
Reply Retweet Like
cdb Oct 3
Replying to @C4Dbeginner
少なくとも大学に籍を置くフェミニストは「トランスジェンダーは生物学的に男性なのだからマジョリティだ」というようなネットで暴走する奇怪な理論に対して「そういうフェミニズムもある」「私のTLではそうでない人もいる」といったスタンスで座視するべきではないと思います
Reply Retweet Like
cdb Oct 3
Replying to @C4Dbeginner
いかなる対象であれ、例えば宮崎駿のアニメのような世界的に評価を確立したような作品に対しても、いやそうした作品に対してこそアカデミックな批判はあるべきなんです。しかし今のネットの中で、明らかに「小粒な作品を数で潰してそれを運動の実績にする」という風潮がある。
Reply Retweet Like
cdb Oct 3
Replying to @C4Dbeginner
多くの米国女子大でトランスの入学が認められ、バスルームの使用についてもトランス利用への支持表明が多くのアーティストから出ていることを見ても、必要なことはそれとは反対のフェミニズムが存在すると知らせることで、座視すべきでないと僕が言ったのはそういう意味です
Reply Retweet Like
SHIMIZU Akiko(清水晶子) Oct 3
Replying to @C4Dbeginner
ありがとうございます。 はい、それとは反対のフェミニズムもあると主張することが重要だとのご意見には異論ありません。
Reply Retweet Like
cdb Oct 3
Replying to @akishmz
ご返信ありがとうございます。個々の人にそれぞれの背景、心の傷があって書いている面があるとは思いますが、トランスやホームレス、果ては老人や病人、知的障害者に対してまで、社会から受けた傷を報復するような暴力的なツイートを見ることが多く、マイノリティ同士の対立への発展を危惧しています。
Reply Retweet Like
cdb Oct 3
Replying to @C4Dbeginner
その通りで、多様性なコンテンツが増えていけばいいと思います。ただ、若い世代にとってキズナアイとBLは対立するコンテンツではなく、同じルーツから出てきた文化として受容されている。BLが善きものでキズナアイが滅ぶべき文化だとは彼らも思っていないし、僕も思いません。
Reply Retweet Like
cdb Oct 3
Replying to @C4Dbeginner
オタク表現を安易なネットスクラムで潰すべきでないというのと同時に、世の中みんなオタクじゃねーよという外部の存在は忘れるべきじゃないと思うんですよね。『シン・ゴジラ』にしても、最高のオタク映画だけど、あれが何一つ面白くない、さっぱりな人は世の中に沢山いる。
Reply Retweet Like
cdb Oct 4
Replying to @C4Dbeginner
これについては、肩書きとして「女性のメインキャスター」がいるかいないかで言えば実は意外といると思います。正確には「少し前まではいた」。国谷裕子さんは素晴らしかったですし、有働由美子さんの朝イチも実質キャスター。膳場貴子さんはNEWS23のメインから報道特集へ。
Reply Retweet Like
cdb Oct 4
Replying to @C4Dbeginner
その他にもFNNプライムニュース、テレ東のWBSもメインは女性なんですね。ただ、金田淳子先生のイメージするような「外部の見識ある女性がキャスターとして抜擢される」というケースは少ない。というかそもそも男性においても筑紫哲也的な存在はいなくなりつつあると思います。
Reply Retweet Like
cdb Oct 4
Replying to @C4Dbeginner
つまり「キャスター」という肩書きは残っているけれども、男も女もなるべくアナウンサーでかまわない、というのが今のテレビ局のスタンスなのではないかと思っています。報ステの富川悠太キャスターがまさにそうですが、とてもハンサムで若く細い。そして政治性はない、という
Reply Retweet Like
cdb Oct 4
Replying to @C4Dbeginner
金田先生の言う通り、有働さんがNHK退職について語った記事があり、ある時期が来るとアナウンサーは現場から離れる。これは実は会社員としては「出世」に近いのですが、有働さんは現場に残りたくてフリーになり、日テレに移った。(リンクの記事は別)
Reply Retweet Like