Twitter | Search | |
青の零号
本日の飛浩隆さんトークより。「『零號琴』は自分が読んできた初期の海外SFノヴェルズやサンリオSF文庫のキラキラ感を再現しようと短編として書き始めたもの。そのキラキラ感は今でも保たれてると思う。」
Reply Retweet Like More