Twitter | Search | |
望月宣武 Hiromu MOCHIZUKI
大人の事情ですけど。 IOCとしては、東京オリンピックを中止はもちろん、延期もできません。 今年にやらないと、IOCと多くの国際競技団体(IF)が経営破綻しかねない。リオ(2016年)の放映権料で得た収入をほぼ使い切っていて、今年の秋に東京分の放映権料が入って来ないとまずいのです。
Reply Retweet Like More
望月宣武 Hiromu MOCHIZUKI Mar 20
Replying to @166mochizuki
あるIFはオリンピック放映権料の割り当てに4年間の収入の8割以上を依存している、みたいな構造ですから。 今年やらないと、メジャースポーツ以外は財政的にもたないので、開催に必死です。いま各地で起きている予選大会の中止は問題ではなくて、オリンピック本番が開ければ良いのです。
Reply Retweet Like
望月宣武 Hiromu MOCHIZUKI Mar 20
Replying to @166mochizuki
チケット収入はIOCの収益にならないので、無観客開催でも構いません。観客を入れるかどうかはIOCの判断ではなく、東京2020組織委員会のご判断なので、お好きにどうぞと。
Reply Retweet Like
望月宣武 Hiromu MOCHIZUKI Mar 20
Replying to @166mochizuki
オリンピックはもはや「最高水準の競技大会」ではなくて、「最高の興行イベント」ですので、興行できて興行収入があることが大事です。 アスリートが蚊帳の外に置かれがちなのはこのためです。もちろん、出演者は大事ですけど、出演希望者はいくらでもいますから。
Reply Retweet Like
望月宣武 Hiromu MOCHIZUKI Mar 20
Replying to @166mochizuki
説明を簡略化するために省きましたが、IOCよりも強い発言権を持っているのはOBS(オリンピック放送機構)です。OBSに睨まれたらIF(国際競技団体)は生きていけません(オリンピック種目から外される)。IFは競技のルールを変えてでも、視聴率を上げる施策に必死です。アスリートファースト?
Reply Retweet Like
星屑 Mar 20
Replying to @166mochizuki @monmon02
どっかの日本のコメンテーターはiocはうなるほどけ名があるといってたらしいのですがどっちが本当?
Reply Retweet Like
椿 三十郎 Mar 20
Replying to @166mochizuki @seki33
決定権は「形式的には」IOCにあるのかもしれないけど、主催国の代表である総理は、もう世論の醸成をただ待ってるだけじゃないですかね。この状況で延期もせずに開催を強行すると、国際的な信頼が傷つくと思います。主催国として円滑な開催に協力出来ない、と宣言する機をうかがってる段階に見えます。
Reply Retweet Like
Hideo Seki Mar 20
欧州の熱心なクリスチャンの一部は、百年ごとにパンデミックが来るから2020年のオリンピックは最初からないと噂していたようです。
Reply Retweet Like
もきゅ@MOQ Mar 20
Replying to @166mochizuki
マラソン競歩の会場変更とその後のメモリアル大会を中止の場合の予算でやるとか言ってましたからそく破綻でもなさげですが、苦しそうですね(´・ω・`)
Reply Retweet Like
やまだ じろう #強くありたい Mar 20
Replying to @166mochizuki
オリンピックで収入を得て生き延びたい団体、組織の代表者がメディアを通じて真実を語れば、この先オリンピックを開催する必要があるのか明確になるかと思います。 世界中、大人の事情(利権)に振り回されている事が多すぎると思います。 それは労働も同じ事が言えると思います。
Reply Retweet Like
やまだ じろう #強くありたい Mar 21
Replying to @166mochizuki
今日リプした内容のいいねが100超えています。 自分のツイートで三桁などはありませんが、僕の発信に共感してくださる方々がいる。 僕はひとりじゃない! そう思ってもらえるように… ? ものすごく興味があります。
Reply Retweet Like