Twitter | Search | |
小林明峯 語録集
HONG MEN | Japan Lotus International Chinese Freemasons (JLCF)| akimine kobayashi 語録 |洪門天地會 長房青蓮堂 日本總會 事務局編集委員会
134
Tweets
0
Following
15
Followers
Tweets
小林明峯 語録集 Feb 6
なんの嘘偽りもなく、誠実に生きていく事はなんとも気楽なものであるが、これがなかなか難しい。今の世の中で生きる事は、しがらみや雑念の中でもがくようで、まるできれいに着飾った仮面舞踏会である。《今の世の中について》
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Feb 4
権力とは、民衆の合意した統治のもとに生まれる委ねられた産物である。ここに民意の反映が無ければ、それは無用の産物にしか成れず。《政(まつりごと)とは如何なるものであるべきか》
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Jan 30
共創、共栄、共享を目指しそこから創造された一致団結による経済発展、天下為公の清廉社会は、掛け替えのないコスモポリタンを生み出す事が出来ましょう。天・地・人とは分断された環境を作ることを主旨にせず、合一化にその意思を見せます。《洪門とは》
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Jan 24
親切にやってあげても報われない時がある。でもそれはそれでいい。こちらは初めから損得勘定をしていないからだ。
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Jan 21
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Jan 14
近頃洪門と名乗る人からの電話、Mail等で入会勧誘が有るとの情報が入り又金融取引や株式取引の話も有るとか。私達は洪門宗家であり歴史や伝統を守る責務がある。その上でこの様な軽率行為は厳としない。受けた被害は責任を負いかねるが行為や非難を行なった人又はグループを一生忘れないだろう。
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Jan 7
夢や希望は「行動」に繋げないとそれは幻想であり、もしあなたが「行動」に繋げられたらそれは現実へとなる。
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Dec 27
全ては己れの信じるままに行道せよ、正しき道を進む者には《天》が控えている。《志の原動力とは》
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Dec 21
チャレンジは悪い事ではないが、身丈以上の事を無理にやろうとするとそれは「無謀」という。
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Dec 16
よく悪者と言われている組織だが、それは本物を見たことのない人間はそう言うだろう。民衆を原点にアジアに難が起きた時には静かにそして激しく行動を起こす超一流の漢(おとこ)たちの世界がある。《洪門の道を歩いている一人として》
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Dec 10
わたくしは洪門(ほんめん)のLifeMemberであり、清幇(ちんぱん)のLifeMemberである。排他的組織内で立ち位置を築いてきた自信は誇りとし、揺るぎのない忠義は生涯の信念を貫く。《出会いについて》
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Dec 6
お金を失えば損失になるだろう。 健康を失えばかなりの損失になるだろう。 勇気を失えば一生の損失になるだろう。
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Dec 3
苦しみを怖がれば一生苦しみの中でもがく。苦しみを怖がらなければ一時的なものとなる。
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Nov 26
朝目覚めれば二つの選択肢が選べられる。一つ目は平々凡々に一日を送ること。二つ目は常にチャレンジし新しい創造をすること。
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Nov 20
日々の生活はあなたが思うほどそんなに良くもなく、そんなに悪くもない。
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Nov 15
洪門(ほんめん)に対し畏怖の念を抱く人々は多い。マフィアではないかとか非行集団だとか。彼らは一律表面の情報から仕入れ判断をする。本物を見ようともせずに流される情報のみを見ながら、一生その飼いならされた籠の中で生きるだろう。《今の世の中について》
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Nov 12
人は地位や肩書き又はなにかのパワーを得ると簡単に他人を見下すようになるものです。礼儀知らずや無頼者でなければ紳士的に接する事です。他人を測るモノサシは自分の美徳に比例します。《出会いについて》
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Nov 5
生きてく上で必ず障害に感じる事がありましょう。常日頃の人との接し方や言動などが的確であれば、障害が現れた時の味方となる。。。そう思った次第です。
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Oct 31
階段は登るために存在していて、立ち止まるか又は降るかという選択肢はわたくしには無い。
Reply Retweet Like
小林明峯 語録集 Oct 22
色々な観点から「今」を読み取る。 無論、左もあれば右もある様に、自己視線は常に広く持ちたいものです。
Reply Retweet Like